2011年06月27日

ペットや動物の為に、禁煙してみませんか?

昨今、喫煙する方にとっては辛い世の中になりましたね。

あれよあれよというまの禁煙ブーム・・・
健康に悪いのは分かるけど、愛煙家にとってはキビシイ時代になりました。
感情的になってしまいますね、この話題は。


しかし、吸っている事で本人の健康を害することはもちろん、
周りの人やペットなどの動物まで、副流煙で健康に悪い影響を与えてしまいます。

また、たばこの火は危ないものです。
歩きたばこなどは、子供の目線に近いし、座って吸っていればペットや動物の目線に近くなりますよね。

ボランティア活動が見直され、一般的に広がりを見せている今、愛煙家の方はこれを機に禁煙をしてみては。
これまでたばこに使っていたお金の一部でも動物救済などにまわしてはどうでしょうか。

その為に、次は
きれい事なしの禁煙方法をお伝え致します。

ニックネーム C & S Office at 23:15| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

ペットを放射能から守る

3.11の震災以降、多くの問題が発生しています。
弊社も微力ではありますが、出来る限り支援をさせて頂きたいと考えて
おります。


弊社では、御代参をはじめ、動物病院のコンサルティング、役立つ商品の
開発、販売などを通じ、少しでもペットや動物、そして飼い主様のお役に
立てればと考えております。


その様な中、弊社のオリジナル商品に、ペット用防護服があります。
放射能やあらゆる細菌などから大切なペットを守る防護服です。


現在、問題となっている放射能は目に見る事が出来ず、そしてとても危険な
ものです。


分かりやすく例えると、水などにも溶けないほこりのようなものです。
空気中に漂い、人やペットに付着しそのまま行動を共にする。
そして何かの拍子や水洗いなどで、地面に落ちる。
地面に落ちても転がったり、積もったりして、消えるまでには
多くの時間を必要とします。


その間に気づかずに吸い込んだり、放射能で汚れた手などで、
物をつかみ食べるなどすると内部被爆となってしまいます。


ペットや動物は地面からとても近い距離で生活をしています。
空気中や地面からも放射能にさらされ、体をなめる事により、
内部被爆の危険性がとても高くなっています。

また今年は、節電の影響もあり、ペット、動物にとってはとても
辛く大変な事となっています。


体も小さく、放射能の影響がどうなのか?と分かりづらい事も多々ある
のですが、出来る限り危険から身を守ってあげたいですね。

ペットや動物には何の罪もありません。



ペットの手足は、飼い主様同様、帰宅の際に水やお湯などで洗ってあげれば
良いのですが、体に関しては毎回洗ってあげるのは双方にとって大変です。


そこで弊社のペット用防護服を着て頂ければ、手足は洗ってあげ、
体に関しては防護することが出来ます。
また、体をなめるなどして起こる内部被爆の危険性も抑えることが出来ます。


大切なペット、動物です。
あらゆる事を考え、出来る限り守りたいですね。


ペット用防護服はとても必要とされており、品薄状態と
なってしまっています。

ペット用防護服を取り扱っているのは、現在、弊社のみとなっていますが、
一刻の猶予もないため、最善を尽くしております。


また、オーダーメイドも取り扱っているため、様々な事にも
対応しております。


分からないこと、お聞きになりたいことなど御座いましたら、
ご遠慮なく、ご連絡頂ければ幸いです。
誠心誠意尽くさせて頂きます。

また、弊社ホームページにも詳細情報を載せておりますので、
どうぞ、ご覧になって頂ければと存じます。
























ニックネーム C & S Office at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

役立つ商品の販売を開始致しました。

役立つ商品の販売を開始致しました。

安心、安全な商品を安価な価格にてご用意させて頂いております。

こんなサービスや商品があれば良いなど、ご希望、ご要望等御座いましたら、
ご遠慮なく教えて下さい。
きっとお役に立てると思います。

現在、問い合わせが多く、必要とされている商品として、

・ガイガーカウンター
・使い捨て防護服
・防護マスク

節電対策として

・清涼シート

他のお問い合わせも多く頂いておりますが、

必要な物が御座いましたら、お早めにお問い合わせ下さい。

又、弊社HPにも詳細情報を載せておりますので、
ぜひ、ご覧下さい。


お問い合わせメールアドレス

cs.safety@live.jp

宜しくお願い致します。

ニックネーム C & S Office at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

かけがえのないもの

回数は減ったもののまだ余震が続いていますね

そんな中、当社へのご用命が増加しておりまして、
少数精鋭部隊のため、ブログ更新する時間が取れないほど日々忙しくしていました

これからはどんどん更新していきます

震災時のペットの救出について、様々な意見がありましたね
人間を優先するべき、いや、飼っている動物も家族同様だなどなど・・・・

様々な意見があって当たり前のこと
大切なのはその人それぞれの考えを否定せず尊重することだと思います



人それぞれ、自分にとっての「かけがえのないもの」があります

家族、友人、仕事などは一般的に誰からも理解されやすいですが
いわゆるペットや趣味のコレクションなどはどうでしょう

ペットも一般的な犬猫から珍種の昆虫だったり、骨董品などは値打ちがわからない者からするとただの壺にしか見えなかったりしますし


そして「かけがえのないもの」に対する姿勢も人それぞれ

災害が起きたとき、どこまでも飼っている動物と一緒にいようとする人、新たな飼い主へ手放す人、やむを得ず安楽死させる人




「かけがえのないもの」というと、この本を思い出します

アンジュール―ある犬の物語 ガブリエル・バンサン著
一匹の犬の物語で、文章はなく絵のみでストーリーは展開していきます

この本を見ると、誰でも孤独を抱えて生きているからこそ、「かけがえのないもの」が必要なのだと感じます


「かけがえのないもの」を自分なりのやり方で大切にできる日々

それは当たり前ではなく、とても恵まれて幸せなことだとこの震災で気づきました

ニックネーム C & S Office at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

改めまして C&S Officeです。


千年に一度と言われた震災から一ヶ月以上が経ちました。

依然として先の見えない不安の中、原発問題も起こり、被災された方の心情を思うと何か出来ないものかと考えています。



自然災害ですが、阪神淡路大震災での高速道路等での欠陥工事同様、人災と思われても仕方のない部分もあり憤りを感じる所もあります。

当たり前のことをきちんとしていれば、防ぐ事が出来たところもあったはずです。



被災された方の復興への熱意や、世界各国からの支援、日本の団結など、人との繋がりの暖かさ、心強さを感じ、日本はとても魅力のある国であり人だと思います。



知り合いに自衛隊高官がおり、聞かせて頂いた話ですが、日本の自衛隊員の能力の高さは世界トップクラスで、計画立案から実行への行動力は世界屈指の早さを持っているそうです。



いろいろと対応の悪さを指摘されますが、誤解をしているところも多いのかも知れませんね。



被災された方も、もちろんなのですが、ペットや動物達はどうしているのでしょうか?

不安や淋しさ、空腹など、孤独に耐えていると思うと、いてもたってもいられない気持ちになります。

人命優先、もちろん分かるのですが、やはり同じ命、救える命は救わなければなりません。



被災地の避難所のペット受け入れも多くの問題があります。

家族の一員であるペットが、受け入れてもらえない、そして食べる物も寝るところもなく、家族を探し、さまよい歩く、家族のいないペット、動物も同じです。

原発周辺のペットや動物は餓死してしまうなど、一刻も早く危険な状況から救わなければなりません。

ご家族にとっても、なにものにもかえられない重要な問題です。



ご家族もそして家族を失ったペット・動物達も、今後、より良くなるよう出来る限り支援をしていきたいと思っています。

かけがえのない家族がいない事はどんなことよりもつらいものであり、動物もおなじなのです。



弊社も利益の一部を寄付や募金をし、微力ながらお役に立てればと活動しています。

このような時はスピードが重要です。

考える、検討している間に手遅れや救える命も救えなくなります。

ぜひ、弊社の活動にご支援ご協力を頂きたいと切にお願いする次第でございます。

ニックネーム C & S Office at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする